お伝えしたいことたち
d0220593_2254185.jpg

昼間あわてて、
おとといはじまった8月のご予約が
いっぱいになりつつあることをお伝えしましたが、
さて、
記したいことはたくさん。

京都から戻ってすぐ、
電車のなかで、毎年撮影しているお客さまに発見していただいて、
呼び止められました。
実はけっこう多い、街での遭遇。
うれしいです。

そしてポストには、
撮影したご一家のおじいさまからお礼のおはがき。
おじいさま、おばあさま世代の方からのお言葉いただいたときは、
参考になりますし、
今までの写真館とはすこし違うお写真を受け入れていただけたことが、
やっぱりやっぱりうれしいです。

そしてそして、
先週の中目黒でのワークショップ。
たくさんの再会とはじめまして。
今年の七五三の発表をした直後だったので、
同じ女性として思っていることを伝えてくださったり、
もし・・・お休みになっても待っているからね!と背中を押してくださる方々に、
心のなかほっとして涙なみだでした。
まだsay photoでWSの様子をご紹介するにいたっていないのですが、
当日、お申し込みくださっていた須永繭子さんがブログに書いてくださっていて、
私がバタバタとしていてレポート用の写真を撮れなかったあの日、あの場所の様子が伝わる記事なので、ぜひご覧になってくださいね。

そしてそしてそして、
七五三の発表以来、
ご自身の経験や言葉を添えてくださった方々のメール、
一通一通読んでは、
実は、涙しています。
(返信、とても時間がかかりそうです。)

日々、
ふとした瞬間、
お会いしたみなさまそれぞれのことや交わした会話を思い浮かべています。
夕飯何にしようかなと考えたとき、
駅まで歩いているとき、
他にも、におい、光の様子、お天気、街、表情、
思い出すきっかけはほんとうそれぞれで、
どれもささやかなことから。

それだけ、
みなさまの日々を見せていただいているのだなと思うとともに、
わたしもみなさまからたくさん影響を受けているのだなぁと思います。

とりとめもなく記してしまいましたが、
ではでは、
編集に戻ります。

shiori
[PR]
by sayphotography | 2014-07-03 22:13 | diary
<< 一歩世界ひろがって 8月のご予約状況 >>